ダイエット

下半身ダイエットを継続する秘訣

美しいプロポーションを目指して、下半身ダイエットに取り組む人は多いと思います。それなりに細い人でも、下半身に脂肪がついていることがあるものです。

 

下半身が太って見える人は、スリムなデザインの洋服が合わないため、下半身のラインを隠す服を着る傾向があります。いわゆる着やせを目指します。

 

でも、下半身に蓄積されている脂肪の燃焼を促進し、むくみを解消して足を細くできれば、初期の下半身ダイエットは成功です。

 

下半身が太く見える理由はいくつかありますが、その一つが足のむくみです。特に女性は血流が滞りがちで、むくみの症状が出やすいと言われています。机に向かって座り仕事をしている人や、一日じゅう立ち尽くしで仕事をする人は、むくみやすくなります。

 

むくみを解消し、下半身をスリムにするためには、血流を改善するためのマッサージや運動、半身浴などで、代謝を活発にするように働きかけることです。

 

下半身が太って見える要因の一つにセルライトがあります。女性に比較的できやすいもので、皮下脂肪に不要な老廃物が混ざりあって出来るものです。セルライトはオレンジピールともいい、太ももの表面にでこぼこができてしまうので、糖質や脂質を制限して、セルライト除去に努めましょう。

 

お風呂で体を温めて、血液の流れが良くなった時に、セルライトのある部分をマッサージすることで、凝り固まっていたセルライトを柔らかくすることが出来ます。

 

適度な有酸素運動はダイエットに効果的ですが、特にウォーキングやジョギングは下半身の筋肉をよく使うので下半身痩せに有効です。ダイエットで下半身のシェイプアップをするためには、ウォーキングとマッサージと並行して、食事の見直しをするといいでしょう。